他院のインプラントのリカバリーケース

もう聞きたくはなかったのですが、今日もまたJアラートで起こされてしまいました。

一番怖いのはこのJアラートに慣れてしまって、音が鳴っても行動できない事だと思います。

今回の患者様は、他院で処置されたインプラントが抜けてしまい、その後その医院で再治療を希望すると骨が薄く治療することは出来ないと言われたとのことです。

更には前歯が膿んでいるような感じがすると訴えても、薬を処方されるのみで治療は行うことはなかったそうです。治療を訴えると、前歯にインプラントを追加で行わなければならず、見積もりは前歯だけで100万円を超えるものでした。

<術前パノラマ写真>

確かに、左上の臼歯部(もともとインプラントが入っていた場所)は著しい骨欠損を認め、再治療はかなり難しくなる(もしくはかなりの時間が必要)と思われました。
前歯に関しても歯周ポケットは10mm近くになり、歯茎を押すとポケットから排膿、痛みがある状態でした。

<術後パノラマ写真>

インプラントがロストした場所を避けて上顎結節に一本のインプラントを埋入し、手前に入っているインプラントはそのまま使用しました。この方法であれば骨が回復するための期間をあけなくとも治療を進めることが可能です。また、手前のインプラント体を使用することで、大幅に治療費用を下げることが可能です。

前歯に関しては、インプラントとつなげられてしまっていたので歯根のみ抜去し、上部構造はそのまま使用することでほとんど費用はかからず治療を完了することが出来ました。

歯科の治療方法はいくつもあります。

今回の患者様のケースでも臼歯部の骨が回復するのを待ってインプラントを行う方法やインプラントは行わず入れ歯で治療する方法、前歯にも奥歯にもインプラントを足して繋げて修復する方法など……

どの治療方法が正解かはその患者様の年齢、骨の状況、残っている歯の状況、治療にかけられる予算、時間、そして熱意等、様々な要因が絡んできます。

他院でインプラントの治療をしたが、予後が良くない。噛めない、抜けてしまった。かけてしまった。治療をした歯科医院は閉院してしまった。

他院のインプラントのリカバリーもほりえ歯科ならば可能です。悩まれている方は一度相談にいらしてみてくださいね。きっと満足いく治療計画がそこにはあります。